あなたはビデオカメラで撮影をしたことはありますか?
撮影したことがあるという人、せっかく撮影したビデオを見ることはほとんどない・・・というような状況になっていないでしょうか?

ビデオカメラで撮影した映像は、そのままでは単なる素材に過ぎません。その素材には面白いシーンも意味のないシーンも長時間撮影されているはずです。この素材のままで取りためていってしまうと、いざ活用したいと思ったときに、かなりの苦痛を伴う筈です。そこで、撮った素材は、「面白いシーン(活用できそうなシーン)だけを集めて短くまとめる」という編集作業をする必要があるのです。

最近はパソコンの普及に伴い、ビデオ編集をすることが容易になってきました。WindowsやMacOSには「ムービーメーカー」や「iMovie」といった動画編集ソフトが付属されています。これらのソフトでは高度な編集はできませんが、バックに音楽を流したり、テロップを付けたり、ビデオにいろいろな特殊効果を付けたりすることができるので十分に活用できるはずです。

また、撮影したことがない方も、この機会にビデオを撮影・編集をして一つの作品を作ってみてはいかがでしょうか?きっと楽しいですよ。