※ディレクトリの作成/移動等わざわざコマンドで行わなくても良い部分も有りますが、それは各自の判断に任せます。

usrディレクトリの中にSFSというディレクトリを作ります。

# cd /usr
# mkdir SFS

次にダウンロードしたSFSのファイルを作成したディレクトリの中に入れます。

# cd /(SFSをダウンロードしたディレクトリ)
# mv sfs302alj.tar.gz /usr/SFS

先ほど作成したSFSディレクトリへ移動し、コマンドを入力してファイルを展開します。

# cd /usr/SFS
# gzip -d sfs302alj.tar.gz

そして以下のコマンドを実行します

# tar -xvf sfs302alj.tar

SFSのファイルが展開されたので、Jigsawディレクトリに移動してインストールプログラムを実行します。

# cd/usr/SFS/Jigsaw
# ./scripts/install.sh

以下のような表示が出ます。

# ./scripts/install.sh

    Jigsaw/2.0.5 setup.

updating /usr/SFS/Jigsaw/Jigsaw/config/http-server.props ... done.
    Jigsaw setup.

updating /usr/SFS/Jigsaw/Jigsaw/config/proxy-server.props ... done.
updating /usr/SFS/Jigsaw/Jigsaw/config/admin-server.props ... done.

Installation complete with 0 warning.

On Linux/Solaris:
 type './SFSstart' on /Jigsaw/Jigsaw directory to launch SFS.

On Windows:
 type 'SFSstart.bat' on \Jigsaw\Jigsaw folder to launch SFS.

*****************************************************
* SFS installation completed. *
*****************************************************

 


次に起動用ファイルの編集を行います。

編集はメモ帳に書き加える要領で行う事もできますがコマンドを使う人は以下の方法で行ってみてください。

起動用ファイルがあるディレクトリは/usr/SFS/Jigsaw/scriptsです。コマンドを実行して移動します。

# cd /usr/SFS/Jigsaw/scripts

設定ファイルjigsaw.shをテキストエディタ等で開き、以下のように該当項目を変更します。

 JAVA_HOME=(Java 2 SDKをインストールしたディレクトリ)
 JIGSAW_HOME=/usr/SFS/Jigsaw

さらに次の一文を加えます。(※これを行わないとFedora Core 5の場合、設定画面が文字化けしてしまいます)

 export LANG="en_US"

 


SFSの起動を行う時は、以下のコマンドを実行してJigsawディレクトリに移動してから起動コマンドを入力します。

# cd /usr/SFS/Jigsaw/Jigsaw
# ./SFSstart

起動が成功すれば以下のような表示が出ます。

loading properties from: /usr/SFS/Jigsaw/Jigsaw/config/server.props
Jigsaw[2.0.5]: serving at http://xbone2.:8141/
*** Warning : JigAdmin[2.0.5]: no logger specified, not logging.
JigAdmin[2.0.5]: serving at http://xbone2.:8149/
**** Scheduler was started.

======== SFS was started. ========
Jigsaw[2.0.5]: serving at http://xbone2.:8140/

終了する時も同様にJigsawディレクトリに移動してから終了コマンドを入力します。

# cd /usr/SFS/Jigsaw/Jigsaw
# ./SFSstop

→LBのインストール