※SFSのインストールとほぼ同様の操作になります。

usrディレクトリの中にLBというディレクトリを作ります。

# cd /usr
# mkdir LB

次にダウンロードしたLBのファイルを作成したディレクトリの中に入れます。

# cd /(LBをダウンロードしたディレクトリ)
# mv lb302lj.tar.gz /usr/LB

先ほど作成したLBディレクトリへ移動し、コマンドを入力してファイルを展開します。

# cd /usr/LB
# gzip -d lb302lj.tar.gz

そして以下のコマンドを実行します

# tar -xvf lb302lj.tar

LBのファイルが展開されたので、Jigsawディレクトリに移動してインストールプログラムを実行します。

# cd/usr/LB/Jigsaw
# ./scripts/install.sh

以下のような表示が出ます。

# ./scripts/install.sh

    Jigsaw/2.0.5 setup.

updating /usr/LB/Jigsaw/Jigsaw/config/http-server.props ... done.
updating /usr/LB/Jigsaw/Jigsaw/config/admin-server.props ...done.

Installation complete with 0 warning.

On Linux/Solaris:
 type ''./LBstart' on /Jigsaw/Jigsaw directory to launch LB.

On Windows:
 type 'LBstart.bat' on \Jigsaw\Jigsaw folder to launch LB.

*****************************************************
* Label Bureau server installation completed. *
*****************************************************

 


次に起動用ファイルの編集を行います。

起動用ファイルがあるディレクトリは/usr/LB/Jigsaw/scriptsです。コマンドを実行して移動します。

# cd /usr/LB/Jigsaw/scripts

設定ファイルjigsaw.shをテキストエディタ等で開き、以下のように該当項目を変更します。

 JAVA_HOME=(Java 2 SDKをインストールしたディレクトリ)
 LB_HOME=/usr/LB/Jigsaw

 


LBの起動を行う時は、以下のコマンドを実行してJigsawディレクトリに移動してから起動コマンドを入力します。

# cd /usr/LB/Jigsaw/Jigsaw
# ./LBstart

起動が成功すれば以下のような表示が出ます。

loading properties from: /usr/LB/Jigsaw/Jigsaw/config/server.props
Jigsaw[2.0.5]: serving at http://lb01:8161/
*** Warning : JigAdmin[2.0.5]: no logger specified, not logging.
JigAdmin[2.0.5]: serving at http://lb01:8169/
ラベルビューロのスケジューリングを開始しました...
注意: ラベルビューロサーバを停止する以外にこのプロセスを停止しないでください!
**** Checking download label file -> not exist.
**** Loading Label data file[LDT] >>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>> LDT loaded.

======== LB service was started. ========

終了する時も同様にJigsawディレクトリに移動してから終了コマンドを入力します。

# cd /usr/LB/Jigsaw/Jigsaw
# ./LBstop

→SFSの基本設定