まずは必要なプログラム(SFS、LB、Java2 SDK)をダウンロードしてきます。

財団法人インターネット協会 フィルタリング情報ページからSFSとLBのプログラムをダウンロードします。
「フィルタリングソフトを利用する」からダウンロードページへ移動出来ます。

 


次にJava2 SDKのプログラムをダウンロードします。

Google等で「java2 SDK」で検索すれば上の方にダウンロードページが来ると思うので選択します。

 

「J2SE SDK のダウンロード」を選択します。

 

英語のページに飛ばされるのでAcceptの項目にチェックを入れ、
Linux Platformの「RPM in self-extracting file」をクリックしてダウンロードします。

→Java2 SDKのインストール