メールエントリーについて


<ダウンロードとインストール>

1.まずメールエントリー本体をサイトで落としてくる。
自分は以下のサイトでダウンロードしました。

http://www.mobile-bozu.com/weblog/archives/000153.html

2.自分はMacを使っていたことから、自分のMacの領域上をWeb化することにしました。
そしてそこでメールエントリーを動かすことにしました。

<MacのWeb化の方法>
1 アップルメニューから「システム環境設定」を選ぶ。


2 インターネットとネットワークの項目から「共有」を選ぶ。


3 サービスの項目にある一覧から、パーソナルWeb共有の項目にチェックする。


4  あとは自分の使ってるマシンのIPアドレスを調べる。
  自分の使ってるIPアドレスはxxx.yy.zz.aaaなので、そこにhttp://xxx.yy.zz.aaa/にアクセスして自分のマシンがWeb上で動いてるか確かめることが出来ます。
 
メールエントリーはcgiで動いてるので、cgiを動かせる領域に置く。
あとはMobile-bozuの解説書に書いてある通りに置きました。

「mail-entry」フォルダに入ってたもの  
・for_mt4iフォルダーindex.cgi
・index.cgi
・mail-entry-config.cgi
・mail-entry-config.cgi-0.5.3.diff
・mail-entry.cgi
・mail-entry.cgi-0.5.3.diff
・rebuild_index.cgi

これを自分の使ってるマシンで動かせるように展開します。

3.
(1) mail-entry.cgiをメモ帳などで開く。

改行コードをLFにする。
自分の使ってるPerlのパスを調べます。ターミナルで調べます。
1 「which perl」 とコマンドを打ちます。
2 自分のは 「usr/bin/perl」でした。

自分の使ってるmail-entry.cgiの1行目には 「#!/usr/bin/perl -w」と書いてあったので、この場合は何もしなくていいです。

「*もしも、自分の使ってるPerlのパスが「usr/local/bin/perl」だった場合、mail-entry.cgiの1行目は「#!/usr/local/bin/perl」と直します。」

(2)mt.cgiの置いてあるところに新しくディレクトリーを作ります。
自分は適当にフォルダ名を「mail-entry1」としました。

その新しく作ったフォルダの権限を「755」にする。

「ここで権限の与え方」

まずターミナルで今、新しく作ったフォルダの1つ上の領域までいく。

cd …/…/2/mail-entry1とはしないで

cd…/…/2まで行きます。

コマンド「ls -la」で書く書類やフォルダの権限を確認します。そうしてmail-entry1の権限が755ならいじくらなくてもいいです。もしも777だったら、
コマンド「chmod 755 mail-entry1」とコマンドを売ってください!chmodは権限を与えるコマンドです。

rwxr-xr-x … www www   日付   mail-entry1
とでもなってれば大丈夫だと思います。

「*管理者の権限が他になってる場合の直し方
mail-entry.cgiのフォルダまで行き情報で見てみる。

そうすると下のほうに所有者と権限があるので、そこを開きます。
オーナとグループのところをwwwに設定変更します。

これで大丈夫だと思います。

4.
次にmail-entry.cgi、mail-entry-config.cgi、rebuild_index.cgiを、mail-entryディレクトリコピーします。アクセス権を700に設定します。700で動かなかったら705、もしくは755にします。

ただ単にこれらを先ほど作ったmail-entry1のフォルダに入れてあげればいいだけです。
そして権限を与えてあげます。このときmail-entry-config.cgiの所有者権限をwwwにします。

5.
公開用画像保存ディレクトリを作成します。メールに添付した画像が最終的にここに保存されます。普通はブログのindex.htmlのあるディレクトリよりも下の階層に作ります。アクセス権は777。707でもいいのかな。なるべくきつい設定で。
自分はindex.cgiのと同階層に、適当にフォルダを作って、その下に画像関係の名前「この場合適当に「gazoo」というフォルダを作りました」名前は何でもいいので作ります。そこのところにこれからはメールで送られてきた画像とかが、保存されることになると思います。

6
作業用ディレクトリを作成します。mt.cgiのあるディレクトリに作るのが一般的です。こちらもアクセス権は700か707か777。きつい方から試します。

7
作業用ディレクトリを作成します。mt.cgiのあるディレクトリに作るのが一般的です。こちらもアクセス権は700か707か777。きつい方から試します。

8
ブラウザでmail-entry-config.cgiを開きます。パスワード欄に「passpass」を入力し設定編集にチェックがあることを確認し、ログインボタンを押します。

<ここでの設定の仕方>
注意だけ何点かあげます。
・ブログIDについて
設定の段階でブログIDを聞かれると思うのですが、ブログIDとは、MovableTypeの個人のサイトのブログURLがhttp://…/…/…/mt.cgi?__mode=view&_type=entry&blog_id=3
となっていますがこの場合は
「ブログID:3」と書きます。

・文字コードについて
ブログに使用している文字コードは「UTF-8」
結果表示に使用している文字コードは「SHIFT-JIS」

・メール読み込みに関する設定でPOP3サーバを聞かれると思います。
ここは私の場合ですけど、先生に相談したら解決しました。ここに関しての方法は載せません。
ただそれほど難しい操作ではないのですぐに出来ると思います。

・エントリーに関する設定
ここはしっかり書いてください!!
メールエントリ−の動かないことがあったのですが、自分はその原因の一つがここにあったからです。

               

投稿者名もブログに登録してあるのを書くようにしてください。
あとカテゴリーに関しては(上のほうの標準のカテゴリーに関しては)登録してないものでも大丈夫だと思います。
カテゴリー失敗時に関してのものは登録してあるものを使うようにしました。

あとはメールエントリーを設定する前にMacでやる場合なのですがモジュールが足りないので、各種モジュールをそろえてください。

モジュールをそろえる前に開発ツールとかそろえなきゃいけませんけど…
自分はXcodeをWeb上でダウンロードしてきて下さい。

モジュールはcpanサイトですべてそろえました。
そろえたものは以下のものです。
Crypt-DSA-0.14
Digest-1.15
Digest-SHA1-2.11
Jcode-2.05
だけだったと思います。

これらをターミナルを使ってインストールしてください!!
<参考URL>
http://blog.odorokutamegoro.com/archives/moblog/

あとモジュールをそろえたら、各種ターミナルでインストールしたいモジュールまで行きます。
例)cd /…/Jcode-2.05
perl Makefile.PL
make test
make install

あとはブラウザでmail-entry.cgiを開きます。「メールがありません」と表示されれば、基本的には正常に動作しています。あとは、メールを送信して、実際にエントリーが登録されるかテストしてください。